開発者エピソード
素材菓子
6

今後の商品展開

「素材菓子」の今後

記2 今後もスーパーやコンビニでの販売がメインになるのでしょうか?

大森 あとはドラッグストアさんですね。
コンビニさんはオリジナル商品がとても多いですよね。
最近一番売っていただいているのはドラックストアさんですね。
ドラックストアさんのメインはやはり薬ですから、商品の横やレジのところに健康志向のちょっとした商品を置かせていただくとついでにご購入いただけることも多いです。

記2 国分グループの商品の中には地域の食材を使用したものが多いですが、今後の商品展開ではそういった地域の食材を利用したものというのは考えているんでしょうか?

大森 将来的にそういった商品展開もしたいと考えています。
最近では「うめひらり」という梅シートの商品が新発売されたのですが、その後は「砂糖不使用ドライフルーツ」にメロンと梨を追加してラインアップを広げることが一番の目標ですね。

記1 「砂糖不使用ドライフルーツ」は他の商品と雰囲気が違いますよね。

大森 そうですね。
この商品は、「素材菓子」の中でもプレミアム商品なんです。
他の「素材菓子」商品が200円前後なのに対して、「砂糖不使用ドライフルーツ」は500円くらいなんです。

記2 それも同じく20~30代の女性にご購入いただけるように考えているんでしょうか?

大森 基本的にはそうですが、200円前後の商品と比べてたくさん買っていただけるものではないので、売り場やお店もどこでもというわけではなく、他の商品に埋もれないように、お酒売場に置いていただく等の工夫をするようにしています。

記2 スーパーの果物売り場に置いていただくのも良いかもしれないですね。

大森 そうですね。
最近では青果売り場にドライフルーツを置いているスーパーさんも出てきているので、そこに置いていただけるようにお声がけをさせていただいているところです。

記2 セットのギフト商品なんかもあったら嬉しいですね。

大森 そのような声もいただいています。
この商品は2017年3月に発売し始めたばかりなので(取材日は2017年7月)、まずは現在の形式で商品ラインアップを増やした上で、今後ギフト商品やセット商品の展開も考えていきたいと思います。
あとは、一袋で全種類がミックスされた商品も作って欲しいという声もいただきます。
そういったご要望をたくさんいただきますので実現させていきたいです。

記1 今後の商品展開が楽しみですね。
本日はありがとうございました。

大森 ありがとうございました。