開発者エピソード
麒麟の翼
3

(株)にんべんとの開発

「つゆの素」の美味しさを引き立てる

にんべんさんはおかきやせんべいの商品がたくさんありますが、こちらはどのように作っていったのでしょうか?

最初はにんべんさんと「何かしたいですね」、という話をしていて。

「何かしたい」と。(笑)

はい。「何かしたい」。(笑)
要は、どうしたらつゆの素が一番おいしく食べられるんだろうという話なんです。
そう頭を捻っていたら、にんべんさんから「おもちをつゆの素につけて食べるのが一番美味しい」って聞いたんですね。
お醤油じゃなくて。
そこから、それをイメージできるものは何かない?ということで、ぬれおかきになりました。
ぬれおかきは「おもちにつゆの素をつけた」というイメージの商品なんです。

写真
つゆの素ぬれおかき
にんべん自慢のつゆの素の風味をたっぷりと味わえるぬれおかき。モチモチとした食感で食べごたえが抜群。

確かに、食感もモチモチしていて「おかき」というよりは「おもち」というイメージですよね。

そう。
だから今にんべんさんの本店ではずっと、もう何年だろうな。7年くらいかな。たぶん今でもナンバーワン商品ではないでしょうか。
なにしろつゆの素を使ったコラボ商品の中ではダントツ。

一つひとつが大きくて食べごたえがあるのも嬉しいです。

そうなんです。
一つひとつが大粒なので一袋に入っている個数は多くはないんですが、ご満足いただける風味豊かなおかきに仕上がり、ご支持をいただける商品になりました。

きっとにんべんさんのつゆの素を最大限に美味しく引き立てた商品だから、お客様にも受け入れられたんですね。

そうですね。そういうことなんだと思います。

にんべんさんのぬれおかきは二種類ありますが、これはどう選ばれたんでしょうか?

まず、「つゆの素ぬれおかき」から先に作ったんです。
とても反響がよかったんですが、少々甘いんです。

確かに。甘味が強いなと私も思いました。

そう。
にんべんさんのつゆの素は全部ではないんですが、比較的甘めなんですよね。
なので、その特徴を出してぬれおかきも甘めに仕上げたんですが、男性を中心に「ちょっと甘すぎる」というお客様の声があったんです。

その時期と同時に白だしのブームがあったんですね。
それらが重なって、白だしのおかきを作ったら甘みを抑えたものができるし、流行にそった商品ができると開発を始めました。

意図通り、「つゆの素ぬれおかき」が甘すぎるという方には、すっきりした味わいの「白だしぬれおかき」をご支持いただき、より幅広いお客様に楽しんでいただけるようになりました。

写真
白だしぬれおかき
白だしを使用したぬれおかき。つゆの素ぬれおかきより甘味を押え、だしの風味を味わえる。

にんべんさんのファンにはぜひおすすめしたい商品ですものね。
この揚げおかきなんかも…。

「かつお風味香る揚おかき」は、にんべんさんが元々鰹節の老舗様なので、ぜひ鰹節を使った商品を作ろうということで開発しました。

これ、一度食べ始めたら止まらなくなっちゃいますよね。(笑)

そうでしょう。(笑)
ふつうはほんのりとした鰹風味のものが多いと思うんですが、あえて強めに鰹味を出したんです。
鰹節屋さんの旨味をとことんご堪能いただきたいという想いを込めて作っています。

写真
かつお風味香る揚おかき
濃厚なかつおの風味が病みつきになる揚げおかき。老舗にんべんの鰹節を存分に味わえる。

揚げせんべいもありますね。

揚げおかきがもち米で、揚げせんべいがうるち米で作っています。
「おかきもいいけど、おせんべいもほしいよね」というお客様のリクエストがあって作りました。
比較的若い世代のお客様にも美味しいと言っていただけるので、親子でご購入いただけるパターンも多いように感じますね。

おかきとは別に「焼きほたて」や「いかのぽっぽ焼き」もありますよね。
これもまた特徴的な商品で。

これはね、チャレンジ商品なんです。

チャレンジ商品?

にんべんさんのつゆの素を活かす商品を作っているわけですが、おせんべいばっかりいくつもあってもしょうがないので。
こういった、だしに漬け込むような雰囲気の商品は元々ある。
じゃあ一回つゆの素で作っちゃうかとチャレンジしてみました。

「いかのぽっぽ焼き」は、お祭りの屋台とかであるいかの丸焼きがイメージなんです。
そこで、つゆの素に漬け込んだらどうなるかと試してみました。
それが、とても美味しくできたんですよ。

そういうことで、最初「いかのぽっぽ焼き」を出しました。
爆発的にというわけではありませんが、お客様から熱い支持をいただきました。
そこでせっかくですから何かもう一品つくりましょうという話になったんです。

それで、ほたてを。

そうなんです。
ほたても同じようにつゆの素につけたらどうなるだろうとやってみたんです。
それがまた美味しかった。

これが昨年(2016年)の1月に販売した一番新しい開発商品ですね。

写真
つゆの素いかのぽっぽ焼/焼きほたて
素材をつゆの素に漬け込んだ贅沢な商品。噛めば噛むほど深みのある味が出る。

いかもほたても、つゆの素がしっかり染み込んで美味しいですよね。
噛めば噛むほど味が出るというか。

これ、ご飯を炊く時に入れても美味しいんですよ。

ああ〜。それは美味しそうですね。
「いかのぽっぽ焼き」なんかも同じようにしても美味しそうですよね。